はじめに

外車ディーラーに就職して学んだこと

私は某輸入車大手ディーラーにて約9年間営業マンとして働いておりました。

その経験から学んだことを紹介します。

意外と地味な仕事

皆さんは外車ディーラーと聞くと、どのような印象があるでしょうか。

給料いいんでしょ?とか

華やかな仕事だね!とか言われました。

ところが実際は車屋さんですから

当然、掃除や洗車、業界的に古いので書類がとにかく多い!!

iPadを使いはじめたのは最近のことで

おじさん達はほとんど使えません。。笑

お金持ちとは?

場所柄、商品柄、やはりお客様は富裕層です。

この仕事に就くまで、富裕層とは??

と思っていましたが、ある程度理解しました。

一例としては、自分が良いと思ったらお金をかけるし

嫌だと思ったらお金で解決します。

そして何より人のことをよく見てます。

お客様の為とは

お客様の為とはなんでしょうか?

私は上司から、お客様が希望した車を売ることだけではなく

その月にある在庫をその月にとにかく売れと指導を受けていました。

希望していない仕様であっても、なんとかしろということです。

値引きをして、まぁいっかという及第点を探してました。

人によりけりですが、私は気に入ったものをお得に買っていただくことをポリシーにしていました。

そのため、上司とぶつかることもしばしば、、笑

それでも私が大切にしているのは

値段だけではなく、信頼関係が第一です。

人によって金額が違う

同じ車でも人によって購入金額が違うとはどういうことでしょう。

実は購入する時期やセールスマンによって支払い額が何十万も違います。

もちろんお客様に嘘はついてませんが

過去、私のお客様たちは同じ車でも

購入価格はばらばらです。

定価と値引き

輸入車は文字の通り、輸入して販売しているため

輸入元(インポーター)から販売会社が仕入れ、在庫として販売しています。

つまり、在庫車は値引きしてでも売りたいわけです。

その代わり、色やオプションなどを指定し、時間がかかってもこだわりたい方は

基本的に値引きは少なくなるわけです。

お得な時期とは

さて、それではお得な時期とはいつでしょう。

答えは、ルートとタイミングです。

よくある宣伝文句は決算だと思いますが

お話したように販売会社の事情がある為

必ずしも決算が最安値とは限りません。

なにを基準に選ぶか

あなたは白の車が欲しいのに

最寄り店には赤しかありません。

しかし最寄りから5キロ離れた別系列のお店には白の在庫があります。

さてあなたはどちらのお店で買いますか?

どちらのセールスマンもそれぞれのアプローチをしてきます。

それぞれの判断基準があるでしょう。

話の進め方によって購入時に大きく関わってきます。

本当にベストな買い方

私が是非おすすめしたい効率的な買い方

それは紹介販売です!

紹介販売とは

紹介販売とは、コネをつかって買うということです。

知人、友人、社員、取引先等様々です。

私も現役時代何件もご紹介を頂き

良い条件で販売してきました。

大切にしてくれる

紹介というとちょっと抵抗のある方もいるかもしれません。

しかし、選ぶのはあなたです。

どんなお店で、どんな営業で、どう付き合っていけるか。

イチから構築するのもよいですが

はじめて会った時から大切なお客様として扱ってくれる。

それが紹介販売です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました